CodeScanner

CodeScannerアイコン

株式会社フィードテイラーさんからリリースされているもので、開発の初期段階からUIやインタラクション、細かなグラフィックに至るまでトータルにご依頼頂きました。

CodeScannerはバーコードやQRコードをはじめ、1次元や2次元コードを読み取る事のできるリーダーアプリで、カメラ撮影することなくリアルタイムに連続スキャンできるのが特徴のiPhone用アプリです。

iPhoneには標準でバーコードリーダーが搭載されていませんので、それならば従来のケータイに搭載されているものよりももっとスゴイものを!ということで、インターフェイスのデザインにもこだわりにこだわったものとなっています。

メイン画面

メイン画面

リスト画面

リスト画面

下記は操作の際に出るアクションメニューと呼ばれるものですが、iOS標準のエレメントを一切使わずすべてのリソースを手作りしています。

まあ、そこまでしなくても、、ということもありますが、このアプリではひとつのデザインの世界観を守りましょうということで、全てにこだわりました。

アクションメニュー

アクションメニュー表示

時間や予算の関係上、このような試みはなかなかできるものではないですが、フィードテイラーさんのご理解を頂き実現しました。

以下はApp Storeでの説明文の一部引用です。

特徴

1. リアルタイム連続スキャン

撮影することなくリアルタイムに複数個のスキャンに対応。大量のバーコードやQRコードを次々と読み込む事が出来ます

2. 読み取り内容の自動識別

読み取った内容を判別して次に起こす処理を自動で提示します。Amazon検索、アドレス帳登録、メール、地図、電話、SMS、ウェブ閲覧に対応しています。ウェブ閲覧については内蔵ブラウザを搭載し、更に複数のブラウザアプリと連携する事が出来ます。対応処理は順次追加の予定です。

3. 複数の読み取り内容の連結と並び替え連結

読み取り内容を複数選んで自由に連結・並び替え連結が可能です。連結した内容をコピーしたり、メール送信する事ができます。(ポメラ[注2]などの連結QRコード読み取りによる順番認識には対応しておりません)

4. MacOSX専用アプリで読み取り結果を自動転送

CodeScannerと連携するMacOSX用アプリ CodeServer (http://codescanner.biz/codeserver) を無償公開しています。CodeServerを起動した状態でCodeScannerを使用すると読み取りを行う度に読み取り結果がMacOSX側に自動転送されます。

5. 洗練されたデザイン

普段使用するアプリケーションだからこそ、アイコンをはじめとするデザインや、手に馴染む使い心地を徹底的にこだわって開発しました。

6. 読み取り結果の履歴管理

読み取り内容は日付毎に分かり易く整理して表示されます。また、履歴から不要な読み取り結果を削除をすることができます。

CodeScanner サポートサイト

アプリのダウンロード先は下記です(iTunesリンク)

CodeScanner

iTunes App Storeへ

Post navigation