月読君

月読君アイコン

itokさんがリリースしているもので、開発初期の段階からがっつりと関わらせて頂いた案件です。

月好きのためのアプリということで、夜空に浮かぶ美しい月をイメージした、透明感のあるインターフェイスをゴールにデザインしました。

私自身あまりその方面の知識がなかったのですが、思いのほか沢山の情報があり、それらを分かりやすく見せるというのが課題でした。

月の満ち欠け暦

月のうんちく

しかし、幸い開発のitokさんとの連携が密に行えたこともあり、その辺りはうまくクリアできたのではないかと思っています。

以下はApp Storeでの説明文の一部引用です。

《特徴》

– 月の満ち欠け表示(アプリケーションアイコンに月齢表示)

– 現在地に基づく月と太陽の出没時刻と薄明時刻(太陽のみ)表示

– 現在地と現在時刻に基づく月と太陽の位置(高度・方位)表示

– 西暦と旧暦(太陰太陽暦)のカレンダー表示(理論上、任意の年月日の暦を参照可能←1970年から2030年までの暦を内包していますが、その範囲外の暦も自動算出されます)

– 旧暦の各種暦情報表示

o 月の呼び名

o 二十四節気・七十二候

o 干支

o 節句

o 雑節(節分、彼岸、土用など)

o 暦注(六曜、九星、十二直、二十七宿、二十八宿、撰日、暦注下段など)

– 各暦情報の簡易解説表示(うんちく)

– 各暦情報の外部辞書との連携

o wikipedia[内蔵ブラウザ](インターネットへの接続環境が必要です)

o 大辞林(大辞林アプリを別途購入する必要があります)

o デジタル大辞泉(デジタル大辞泉アプリを別途購入する必要があります)

YouTubeの動画も貼っておきます。

アプリのダウンロード先は下記です(iTunesリンク)

月読君 – 月の満ち欠けと暦カレンダー

iTunes App Storeへ