PictShare

PictShareアイコン

itokさんがリリースしているもので、UI(インタラクション)の一部と画面デザイン全般に関わらせて頂いた案件です。

PictShareは、複数の写真や動画を簡単にネット上の写真共有サービス(Flickr, Picasa, DropBox, mixiなど)に送信できるアプリで、iPhoneで撮影した写真をまとめて送信するのに非常に便利です。

そのため、多くのブロガーさんにも好評なようで、App Storeのカテゴリ(ソーシャルネットワーク)では常にトップ10にランクインするアプリとなりました。

機能面での特長の一つとしては、対応する共有サービスの多さで、現バージョン(v2.6.2)では下記のサービスに対応しています。

– DropBox

– Evernote

– Facebook

– Flickr

– mixi

– Picasa

– Posterous

– SmugMug

– SugarSync

– Tumblr

– Twitter (Twitter公式, Twitpic, yfrog, Lockerz, Mobypicture, TwitVid, ついっぷるフォト)

– YouTube

– はてなフォトライフ

– フォト蔵

– メール(直接メール送信)

デザイン面での特長は、独自の写真一覧インターフェイスとカレンダーでの一覧表示で、v2.0から追加されたカレンダー表示については、年、月の選択をいかにスムーズに選択して使って頂くか、どうすれば画面遷移が最小に抑えられるかというところに配慮しながら、ベータ版の段階で様々な案を試しつつ現在の形に落ち着いています。

この辺りは手前味噌ながら、エンジニアとデザイナーが密にコミュニケーションをとれる環境にある我々の強みであり、製品のクオリティに非常に良く作用していると思います。

・写真一覧表示

写真一覧表示

・カレンダー表示

カレンダー表示

以下はApp Storeでの説明文の一部引用です。

●機能/特徴

– 独自の写真一覧インターフェース

– サービスごとに写真解像度を設定できます

– オリジナル写真のExifをそのまま送信(位置情報については送信しない設定もあります)

– 写真ごとにタイトルやコメントを編集できます (*1)

– 写真を回転させることができます

– 写真の情報(exif)などを表示させることができます

– 複数写真をまとめて編集することもできます

– 送信する写真の並び替えが出来ます

– 送信する写真のフォーマットを選択することができます (JPEG or PNG)

– 送信ごとに送信先のアルバムを設定できます (*1)

– 送信先のアルバムを新規に作成できます (*1)

– 送信した写真(あるいは送信先のアルバム)のURLをコピー、メール送信、Twitter/Facebook投稿、内蔵ブラウザ閲覧することができます

– バックグラウンドで送信することができます

– マルチアカウントに対応しています

– 動画も送信することができます (Lockerz, ついっぷるフォト, mixi, はてなフォトライフは未対応。一部サービスでは動画の向きが反映されないことがあります)

– フォトストリームに対応しています (iOS 5)

– PhotoAppLinkに対応しています (www.photoapplink.com)

– 外部アプリとの連携に対応しています

*1: 共有サービスの仕様に準じます

YouTubeの動画も貼っておきます。

※ このアプリの配信は終了しています。